新しい防虫・防虫加工のご提案! インセクトシールドをご覧ください。

研究内容

研究内容

ノックダウンテスト 

ノックダウン(KD)テストは防虫加工された生地を使った製品の効き目を調べるのに広く使われている科学的実験法です。

世界保健機構(WHO)、アメリカ合衆国疾病予防管理センター(CDC)、アメリカ合衆国農務省(USDA)などの多くの機関がこのテスト方法を用い、有効性を調査しています。

ノックダウンテストの良い点の一つは人体が害虫にさらされないで済む点です。防虫加工された生地のサンプルが、害虫が入った箱に決められた時間入れられます。生地サンプルが取り除かれたあと、害虫の反応を記録します。
テスト2
各品種と洗濯回数の組み合わせで、最低でも10サンプルからノックダウン平均値を割り出した。

テスト3
マダニはライム病媒介体である。
各品種と洗濯回数の組み合わせで、最低でも10サンプルからノックダウン平均値を割り出した。

インセクトシールド防虫ウェア使用の際に受ける健康上の潜在的リスクに関する評価概要 (バイオモニタリング研究)

スポンサー: 

ノースカロライナ州 グリーンズボロ インセクトシールド社

試験所:

バージニア州 マナサス インフォサイエンティフィック社

概要:

2005年、インセクトシールドはペルメトリン加工された衣料品の皮膚暴露に関する研究の詳細を提出するよう命じられた。テストされた衣料品はインセクトシールド独自の加工プロセス、ペルメトリン薬剤配合を使用したものである。すなわちこの研究結果はインセクトシールドの製品に関するものであり、他社のペルメトリン加工のプロセスや薬剤配合には適応しない。

ウェアのペルメトリンが着用者の皮膚に移る量を究明するため、ガーゼ拭き取り、全身線量計、手洗いの3つの分析手法が使用された。

加えて体内に吸収されたペルメトリン濃度を検出する尿測定、バイオモニタリング研究も行われた。

バイオモニタリング手法はインセクトシールド加工のウェア着用によって直に起こる暴露値を評価する判断基準として使用された。これらの4つの手法を使って得たデータは模範的であった。各データは別のデータと結び合わせられ、研究結果はより有効性、確実性が強いものとなった。

  • 年齢39歳から66歳の16名、うち7名が女性、9名が男性
  • 調査は5月から8月にかけて、カナダ サスカチュワン州、ノースカロライナ州 クリードモア、ダーラムの3箇所で行われた
  • 被験者の全員がこちら側が用意した活動でなく、主に活発に動くアウトドア活動中にインセクトシールド加工のウェア上下を一日のうち7時間から10.5時間着用
  • ウェアはさまざまな生地の素材からなり、長袖シャツと長ズボンで一対とされた
  • 被験者の食事は、調査に偏りがないように管理され、記録された
  • 調査結果を元に、長期にわたる使用を通じての影響が推論された

すべての調査結果はアメリカ合衆国環境保護庁が懸念している暴露値をはるかに下回った。余談だが、アメリカ合衆国環境保護庁の懸念レベルはかなり保守的なものである。

調査結果はまたインセクトシールド独自の薬剤配合とプロセスを用いて加工されたインセクトシールドウェアと従来の虫除けスプレーを塗られたウェアと比べると、インセクトシールド加工のウェアのペルメトリン暴露値は1/182にも満たなかったことを示している。調査で使用した従来のスプレーもまたアメリカ合衆国環境保護庁の基準値を下回っていることを念頭においていただきたい。追加すると、従来のスプレーは1970年後半から非常に安全なものとして使用し続けられている。

終わりにあたって、これらの印象的な調査結果はインセクトシールド独自のプロセスがペルメトリンを生地にしっかりと接着し、着用者の皮膚や環境に悪影響を与えないことを結論できる。


オジロ鹿を使った嗅覚フィールドスタディ

調査員: ハンティング愛好家 Pell Kennedy

目的:

ハンティングの際、インセクトシールド防虫ウェアを着用中、オジロ鹿は自然環境の中から不自然な薬剤の臭いを嗅ぎ沸け、警告を与える可能性があるか調べる

調査概要:

インセクトシールド加工された3D リーフカモフラージュ柄のフリース素材のパーカ、綿素材の帽子を着用させた2体のマネキンを、ノースカロライナ州東部にあるオジロ鹿が多く生息している森林に設置した。

ウェアは Scent-A-Way(製品名)洗剤、Scent-A-Way Fresh Earth(製品名)乾燥機用シートタイプ柔軟剤を使用し、洗濯乾燥後、密閉袋に入れ、保管する。 注釈: 密閉袋には防臭剤は入っていない。またテストによるとインセクトシールドの防虫効果は防臭効果がある洗剤を使用しても弱まらないとされている。 マネキン2体は森林に約4.5メートルの間隔を置いて設置された。鹿の動きをキャッチできるよう、遠赤外線カメラがセットされ、餌として皮を剥いたとうもろこしをばら撒いた。

このセッティングは4日間手を付けないでそのままにしておかれた。

結果:

鹿は大胆にもマネキンの0.5メートル近くまで寄ってきたことが、たくさんの写真によって証明されている。 このフィールドスタディはインセクトシールド防虫テクノロジーで加工されたウェアは無臭で、鹿に警告を与えないことを表している。




動画










a:4131 t:1 y:1

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional